検査の流れ

ホーム > 診療のご案内 > 消化器内科 > 検査の流れ

検査の流れ

胃カメラ(上部内視鏡検査)

1. 受付 → 内視鏡室へご案内します。

(1) 前日は21時までに夕食をとって下さい。

(2) 21時以降は絶食です。水、お茶に限り来院するまで飲用可能です。

(3) 予約患者様は予約時間の15分前に来院下さい。

(4) 当日希望の方は先に外来で診察を受けて頂いてから行います。

(5) 予約がなくても、当日朝ごはんを食べずに来院していただければカメラを受けていただくことが可能です。

   (ただし、緊急性の高い患者様や予約の患者様を優先させて頂きますので、当日検査ができない場合もあります。)

2. 問診確認と検査説明をおこないます。

3. 前処置(のどの麻酔・胃の中の泡を消すための水薬を飲みます)

必要時、のどの麻酔(スプレー)を追加します。

4. カメラ検査(検査時間は観察のみの場合5~10分程度です)

鎮静剤希望の方は静脈注射を行います。
検査台に左を下にして横向きになり、マウスピースをくわえます。

  • ※必要な方のみピロリ検査・組織検査を行います。

5. 検査後、担当医師から結果説明を聞きます。

鎮静剤使用の方はしっかり目が覚めるまで休んで頂き、その後検査説明を受けて頂きます。

上部内視鏡検査後の注意事項

飲食について

検査後しばらくはのどの麻酔が残っています。唾がむせるようなら、ティッシュに吐きだして下さい。検査終了後1時間、ピロリ菌や組織検査をした場合は2時間は絶飲食です。うがいをしたい場合は上を向いてうがいせずに下を向いてうがいして下さい。

ピロリ検査・組織検査を受けられた方

検査当日は消化の良い、刺激の少ないものを召し上がるようにして下さい。アルコール・コーヒー・炭酸飲料は避けて下さい。激しい運動も避けて下さい。

鎮静剤を使用せずに内視鏡検査を希望される方へ

胃カメラを受けるコツ

カメラをムリに飲み込もうとせずに、肩と首の力を抜き、リラックスをします。息は鼻から吸い口から吐きます。喉の麻酔の効果でむせやすいため、唾液は口の外に出します。そうすることで、喉の違和感も軽減します。
スタッフもカメラが安楽に受けられるように声をかけたり、背中をさすったり等の対応をしています。

大腸カメラ(下部内視鏡検査)

1. 受付 → 大腸前処置室へご案内します。

前日は21時までに夕食(消化の良いもの)をとって下さい。21時以降は絶食です。
水分は十分とってください。当院には9:30(午後の方は12:30)に来院下さい。 午前中の検査も可能(一部人数制限有)です。

2. 問診確認と検査説明をおこないます。

3. 前処置

来院後1度便の状態を確認します。便がきれいになるまでは、テレビ、トイレ付きの部屋で腸洗浄剤を飲んで待ちます。
便がきれいになったのを確認してから内視鏡室に案内します。
検査の順番は便がきれいになった方から始めていきます。

4. カメラ検査(検査時間は観察のみの場合15~30分程度です)

検査用のパンツ(男性は膝丈、女性はズボン丈)、検査着に着替えます。 鎮静剤希望の方は静脈注射を行います。検査台に左を下にして横向きになります。肛門からカメラが入り、盲腸まで挿入します。 ※必要な方のみ組織検査を行います。 ポリープがあれば、即時にポリープ切除が可能です。入院せずに帰宅できます。(ただし、ポリープの個数や大きさによっては担当医師の判断で入院になる場合もあります)

5. 検査後、担当医師から結果説明を聞きます。

鎮静剤使用の方はしっかり目が覚めるまで休んで頂き、その後検査説明を受けて頂きます。検査後すぐにお食事はできます。お腹の様子を見ながら召し上がってください。ポリープ切除を行った場合、必要があれば、経過観察のため1日入院していただきます。夕食は絶食となります。

下部内視鏡検査後の注意事項

飲食について

検査後すぐにお食事はできます。お腹の様子を見ながら召し上がってください。

組織検査を受けられた方

検査当日は消化の良い、刺激の少ないものを召し上がるようにして下さい。 アルコール・コーヒー・炭酸飲料は避けて下さい。激しい運動も避けて下さい。

鎮静剤を使用せずに内視鏡検査を希望される方へ

大腸カメラを受けるコツ

大腸はねじれたり、伸ばされたり、癒着があったりすると痛みを感じます。
痛みがある場合は、遠慮なく医師にお伝えください。検査中は、大腸の中に空気を送り腸を膨らませて観察しますので、少しお腹が張ったような感じが持続します。ガス(空気)は遠慮なく出してください。

羞恥心への配慮

お尻を出すことなく検査が受けられるように、検査用のパンツは肛門の部分に縦の切込みが入っており、そこから、内視鏡を挿入できるようになっています。また、仕切られた検査室で行うため、他の患者さんに見られるというような不安もありません。

鎮静剤について

もともと検査の苦痛は個人差が大きいものですが、検査医による検査の進め方の違いや患者様ご自身のその時の体調などによって印象は大きく異なってきます。特に不安や緊張が強い方では、つい力がはいり内視鏡の接触による違和感も強くなることが多いようです。このため、鎮静剤を用いて苦痛を和らげるようにするのが良いと思います。「眠った状態」「意識がボーっとした状態」で検査を行うことで、内視鏡検査に伴う苦痛や検査に対する不安・緊張感を感じず検査ができるようにしています。効果には個人差がありますが、「検査がいつ終わったかわからなかった」「本当に検査したんですか?」と言われる患者さんもおられます。この注射は、血圧低下、血管痛、呼吸抑制、ふらつき、眠気、注意力・集中力の低下、運動反射能力の低下がおこることがあります。血管確保、血圧・脈拍・血中内の酸素濃度のモニタリングを行っており、万が一の状態悪化を早期に察知・対応できるようにしています。この注射をした場合、20分ほどで目が覚めます。検査後30分程度、お休みいただき、血圧、ふらつき、覚醒状態(会話がきちんとできるかなど)確認してからお帰りいただきます。当日は、車の運転をして帰るのは危険ですので、安全確保のため、付添いの方と一緒の来院をお勧めします。

経鼻内視鏡

鎮静剤使用以外にも、咽頭反射を軽減できる経鼻内視鏡も用意しております。前回、苦しい思いをされた方にお勧めします。経鼻内が狭い方は、挿入が難しい場合もあります。また、鎮静剤を使用し、経口での内視鏡をおすすめする場合もあります。

洗浄消毒

一件終わるたびに、毎回自動洗浄装置を使用し「消化器内視鏡機器洗浄・消毒ガイドライン」に準拠した方法で洗浄消毒を行っています。また、検査に使用する処置具(組織を摘み取ったり、ポリープを切除するときに使用する器具)に関しても、ディスポーザブル(使い捨て)製品を使用しています。検査による感染事故を防いでいます。安心して検査をお受けください。

胃と大腸カメラを同じ日に行うことも可能です

胃カメラの検査は、当日絶食であれば予約なしでも可能です(月~金までの午前中、土曜日か隔週の午前中)。 しかし、予約の方が優先となるため、待ち時間がかかる場合もあります。 大腸カメラは基本的に予約制で行っています。

抗凝固剤を服用中の方も検査可能です

抗凝固剤を内服していると、生検やポリープ除去などを行うと、出血が止まらなくなることがあります。その際には、抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドラインに基づいて、服用を一定期間中止して行うこともありますが、服用を中止することで起こる合併症もありますので、まず服用を継続したまま検査をします。抗凝固剤を服用中の方は、必ず検査前にお申し出ください。

医師に直接聞く事ができない事も、いつでもスタッフに声をかけてください