「サポート入院」と「レスパイト入院」について

ホーム > 地域の先生方へ > 「サポート入院」と「レスパイト入院」について

「サポート入院」と「レスパイト入院」について

『ときどき入院、ほぼ在宅』を支援します

サポート入院 レスパイト入院

 当院では、皆さまが住み慣れた地域で安心して生活できるように、『サポート入院』を行っています。
 サポート入院では、ご自宅や施設等で生活をされる高齢者が軽度に状態が悪化した場合に、入院により必要な医学管理(投薬・処置など)、看護、リハビリテーションなどを行い、一日でも早く再びご自宅や施設等に戻っていただけるようお手伝いします。

 また、在宅で介護を担われているご家族(介護者)が介護疲れにより、介護を続けることができなくなることを防ぐための入院を『レスパイト入院』といいます。当院では、介護者の休息のほか、病気や入院、冠婚葬祭、旅行などで一時的に介護が行えないご家族を支援するため、レスパイト入院の受け入れも行っております。

  • 大したことはなさそうだけど、いつもより具合が悪そう…
  • 少しずつ筋力が低下してきて、廃用症候群の不安が…
  • 食事が進まず、低栄養状態で心配…
  • 急な状態悪化で、施設のショートステイが難しい…
  • 家族の介護疲れが心配…

ご利用案内

基本的なルール

  • 入院は「地域包括ケア病棟」への入院となります。

  • 地域包括ケア病棟の入院期間は最大60日です。

利用できる方

[ サポート入院 ]

  • 軽度な肺炎、脱水、尿路感染、嚥下障害、褥瘡など、早期治療を目的とする方。

  • その他、医師の判断により、入院が必要と判断された方。(入院には事前に診察が必要です)

[ レスパイト入院 ]

  • 在宅療養中で、介護者のご都合により一時的に介護が受けられない方。

入院期間について

  • 病状に応じて60日以内の退院となります。ただし、リハビリ目的やレスパイト入院の場合、患者さんの状態に応じて異なりますが、おおむね数日~2週間程度です。

  • レスパイト入院の次回利用は、1か月後となります。
    ※なお、入院期間が通算60日を超えた場合は、再入院は3か月後となります。(がん・特定疾患の場合は1ヶ月)

お問い合わせについて

詳しい内容についてのお問い合わせは、地域連携室までお願いします。