ホーム > 社会医療法人 松藤会 > 法人について > 保護中: りじ鳥 > りじ鳥  ~No.30~

りじ鳥  ~No.30~

写真
  「 自分のものとそうでないものを見分けること 」



目に見える物の所有者がだれかということさえ混乱することがある。
目に見えない「気持ち」は、自分のものと相手のものをさらに混同しやすい。

自分が相手を好きなだけなのに「きっと彼(彼女)は私を好きなのだ」と思う。
相手の仕打ちに不釣り合いなほどの怒りが「こみあげてくる」など。

自分が相手に好意をもっていても、相手がどうかはわからない。
相手に確認することはできる。
そして、相手もあなたに好意があるということが確かめられるかもしれない。
そうでないかもしれない。

怒りをぶつけたあと、「あんなに怒ることはなかったな」と気まずい思いをする。
その時の相手だけでなく、昔同じように自分を怒らせた人の分も「あわせて」相手にぶつけたのかもしれない。

自分の気持ちと相手の気持ちを混同することで、事態は「混乱」する。
自分の気持ちと相手の気持ちを区別できたら、「混乱」は起こりにくくなる。
状況が「好転」することさえある。

「自分のものとそうでないものを見分けること」

これができたとき、なにかとても良いものを発見したような感覚になる。



そういうこともある   りじ鳥
写真
出典 なし