ホーム > 医療法人 松藤会 > 法人について > 保護中: りじ鳥 > りじ鳥  ~No.8~

りじ鳥  ~No.8~

写真   「 挨拶とは、応対においてピタリと決まること 」


挨拶なんてお辞儀するだけじゃないか。
そう考えて40年以上生きてきました。

この数年、挨拶への考えが変わりました。
挨拶は真剣勝負です。
相手が重要であればあるほど、重要な場面であればあるほどそうなのです。

「挨」「拶」どちらの感じも「ピッタリ密着する」という意味です。
お互いの応対にピッタリはまる、そのように振る舞うということです。
「剣道で面を一本決めるようなもの」とあります。
振り返るとなかなか冷汗ものです(;’∀’)。

もしも重要な場面で挨拶が決まらなければ・・・( ゚Д゚)
挨拶が決まればお互い理解の基礎がきまり、決まらなければかみ合わない。

この頃、しっかり挨拶をする人に会うことが増えました。非常に立派だと感じます。
こういう人と仕事をしたいと思います。
自分もしっかりやろうと思います。

挨拶は形だけでは決まりません。
相手への関心、自身の心の状態、挨拶の理由などがそろわなければなりません。

挨拶は真剣勝負なのです。

りじ鳥
写真 出典 「人間をみがく・小学を読む」
著者 安岡正篤