消化器内科

ホーム > 診療のご案内 > 消化器内科

消化器内科

topimg

写真

胃がん・大腸がんによる死亡率の低い地域を目指して

胃がんの罹患者数は依然として低下していませんが、ピロリ菌の除去やがんの早期発見・治療により死亡者数は減少しています。

食生活の欧米化により、日本人の大腸がんは確実に増加傾向にあります。女性のがんの死亡率1位は大腸がんです。

初期の消化管がんはほとんどが無症状です。

胃がん・大腸がんは早期発見・早期治療で「治りやすいがん」です。

内視鏡検査を受けましょう。

このような症状がある方は検査を受けましょう

[胃カメラ]上部消化管(食道・胃・十二指腸)の場合

  • 胃の痛みや不快感がある
  • 胸やけ、喉や胸のつかえ感がある
  • 吐き気や嘔吐
  • 黒い便が出る
  • 食欲不振、体重が急に減った
  • 貧血を指摘されている

[大腸カメラ]下部消化管(大腸)の場合

  • 便に血が混じっている
  • 便秘や下痢症状がある
  • 腹痛や腹部に張りがある
  • 体重が急に減った
  • 貧血を指摘されている
  • 大腸がんになった家族がいる
  • 検診や人間ドックの便潜血検査や大腸CTで要精査と指摘された

当院の内視鏡検査の特徴

01 苦痛の少ない内視鏡検査を目指します

当院では患者さんにできるだけ、緊張や不安なく内視鏡検査を受けて頂けるようにさまざまな方法を取り入れています。鎮静剤を使用すると、寝ている間に検査が終わるので、とても楽に検査ができます。また、検査が終了するまで常に状態を管理していますので、安心して検査を受けて頂けます。
鎮静剤を希望されない方には、経鼻内視鏡検査も可能です。
「気が付けば終わっていた!」「全然苦しくない!」そんな内視鏡検査を目指しています!

詳しい内容はこちら

02 NBI拡大観察により患者さんの負担が減らせます

従来は病変が見つかるとまずは生検や大腸ポリープ切除を行い、病理組織検査で”がん”でないかを確認するなどしていました。しかし、NBI拡大観察を行うことで、病変が”がん”かどうかや大腸ポリープに対し治療が必要かどうかを高い確率で診断でき、不要な検査や治療を省くことができます。

詳しい内容はこちら

03 受診当日に検査が可能です

胃カメラの検査は、当日絶食であれば予約がなくても検査が可能です。
大腸カメラの検査については原則予約制ですが、検査時に切除可能なポリープを発見した場合は即時に切除し、入院せずに帰宅することができます。(出血状況やポリープの大きさによっては、入院となることがあります)
皆さまのライフスタイルに対応すべく、検査は毎日行っています。

04 丁寧な説明を行います

検査を受けられる患者さんの緊張や不安な気持ちに寄り添って、スタッフ一同が丁寧な問診・説明を行います。
検査終了後は画像を一緒に確認しながら、医師から検査結果をご説明します。不安なことは遠慮なく、ご質問ください。

内視鏡予約可能日

 
大腸
  • 2021年2月より、内視鏡検査(胃・大腸とも)が毎週土曜日(午前) 検査可能となりました。
  • また、土曜日も大腸ポリープ切除が可能となりました。
  •  

お問い合わせ

予約方法や検査内容についてのご質問等、お気軽にご相談ください

TEL 079-239-3121

スマートフォンの方はこちら

    • お電話が繋がりましたら「内視鏡についての問い合わせです」とお伝えください。