お知らせ

ホーム > お知らせ > 【緊急お知らせ】寒さには十分注意してください(偶発性低体温症予防について)。

2018.02.09

【緊急お知らせ】寒さには十分注意してください(偶発性低体温症予防について)。

【緊急お知らせ(偶発性低体温症予防について)】

(低体温症とは)

深部の体温が35℃以下になった状態を指します。また、高齢者や糖尿病、循環器疾患などの基礎疾患がある人は体温調節機能が弱まっており、比較的軽い寒冷暴露によっても低体温症を発症しやすくなります。

(リスク)

体温の低下が著しいほど症状は重症となり、高度低体温では呼吸の停止や致死性の不整脈が出現し、生命に危険が及びます。

(予防対策)

・体を濡れたままにしない(風呂上りや運動で汗をかいた場合など)

体内からも温度を上げるために温かい食事や飲み物を摂取しましょう(しかし、カフェイン(コーヒー・緑茶など)やアルコールは脱水を助長するため控えるようにしましょう)

お酒は、飲むと一時的には身体が熱くなりますが、酔いが回って薄着のまま眠ってしまうことがあるので危険です

・睡眠薬や眠気をもたらす薬剤も同様に、充分な保温をしないままうたた寝をしてしまうと、思わぬ体温の低下をきたします

身体の自由が利かないことや、もともとの病気の状態、または認知力の低下などによって室温を適切に調節できないことがあります。このような場合は、周囲の人が適切な環境を整えることが必要ですので十分に気を配ってください

 

※春までもう少しですが、まだまだ寒い日が続きます。皆様、十分注意してお過ごしください。